読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エラーコード○○

たまに、あ、自分正常かな?って
思ったら、本屋に行きます。

ビジネス書コーナーに立ち並ぶ
「仕事の効率を上げる法則」だの
「仕事が出来る人がやっている究極メモ術」だの
「絶対に伝わるプレゼン能力」だの
「社会人が絶対知っておくべき53の法則」だの
そういった、いかにもな言葉が並んだ棚を見て
寒気や吐き気を催したら、よし、自分大丈夫だ。

もうね、結論から述べる。とか
~の理由は3つあります。とかさー
ここんとこ急激に市民権得てきちゃって
今や、同期とかみんな
「私はこう思います。その理由は~」
つって話してんですけど、、
いや、分かりやすいよ。分かりやすいけどさ・・
鼻がむず痒いっつーか、なんつーか。

ってな感じで、最近徐々に
七三の思い通りの意識高い軍団が
出来てたんですが、

「今日から新しい担当に変わるんでね」

つって、ここにきてまさかの七三交代。


次はどんな人だろう・・・。


「皆さん、初めまして!」


(あ、女の人だ。)


「みんな、朝だから眠いと思うけど、
頑張っていこうね!」


(うわー、超ゆるそー。)


「すごいフレンドリーだね」

「うん、めっちゃ優しそう」

「あ、これ後ろに回してくれる?」

「はーい」

「ほい、後ろにお願いしまーす」
(右から振り向いて渡す)


「!!・・・・・・」



ん、なんだろ今の間。
なんかしたっけ。いや、普通に渡したよね。
まぁ、いっか。つーか鼻が痒いなぁー。
なんかムズムズするっつーか。





あれ・・・・俺、鼻毛出てね?





いやいやいやいや、ないよ。それはない。
ないっつーかあって欲しくないっつーか。
あってはならないっつーか。

なのに、鼻で息する度、
何かそよいでる気がする。
風の谷から「ハロー」つってる
あいつの存在を感じる気がする。


いや、気のせいだってー。
つって自分をごまかすんだけど、
どう考えてもあの間はおかしいし、
風の谷は完全に右サイドだし、
俺右サイドから、振り向いちゃたし、


担当
「営業マンとして、身だしなみは大前提です。
外見で相手に一緒に仕事したくないと思われたら、
商談が成り立ちません。」



ごめん、
ごめん・・・・鼻毛出てた。・・・かも。


俺も、鼻毛出てる営業マンから商品なんて
絶対に買いたくない。


もう、それからは
ずっと鼻が気になっちゃって気になっちゃって
静まりたまえ!静まりたまえ!
つって鼻すすってたんですけど、
休憩時間にそらきた!と言わんばかりに
トイレに駆け込んで手鏡、ばっ!と見て
まさかの三つ子ちゃんだった時なんて!!


本当、振り返ったことを思い出して
顔が燃えるかと思うくらい恥ずかしかったです。



あー、自分、全然大丈夫じゃねーな。
鼻毛の件に関しては、完全にアウトだわ。

から紅のGW

今日、けつから血が出た。



本当、何でこんなこと
ブログで報告してるのやら。


いやね、社会人になって初めての連休。
たかが1ヶ月しか働いてないつっても
語るべきことは色々あるわけじゃないですか。

初任給の使い道
同期との思い出
研修初日のチーフ陣の圧力
犯したミスの数々・・・

何だったら、
「社会人になる前にやっておくべきこと」
みたいな自己啓発だって
全然書けちゃうわけですよ。

それらを押し退けて、余りある衝撃度。


本当ね、我が家のトイレに
コナンくんが飛びこんで来てもおかしくなかった。
便器がね、切腹した?っつーくらい
から紅に染まりまして、
私のけつからの恋文(ラブレター)で。
まぁ、本家と違ってメッセージ性は
皆無だったんですけど。

蘭ねーちゃんが「キャーー!!」つって
ぎぃーーバタンッ!つって
CMに入れるくらいの衝撃度でして。


で、しばらく呆然と事故現場眺めて
思ったんですけど、
どーもこれ血じゃねーなつって。

ってのも、慌てて使ったトイレットペーパーに
一切血痕が残らなくって。
こんだけ派手に現場を荒らしてんのに
犯人(けつ)が完全犯罪。

で、考えてみたら昨日ね、
海鮮系の居酒屋でお腹いっぱい
ネギトロ丼を食べまして、
ネギトロだけじゃなくマグロ丼まで食べまして

したら、あれ?
これ・・・・ネギトロなんじゃね?つって。
お腹に何らかのバイパスが通って
けつからネギトロぶちまけただけじゃね?つって。
真実はいつも1つ!つって。
まぁ、相変わらずメッセージ性は
皆無だったんですけど。


結局、怖くてすぐに証拠隠滅を図ったんで
真偽の程は迷宮入りしちゃったわけですが、
血だったらと思うと恐怖でしかないので
あえて言わせて頂きます。


あれは間違いなくネギトロだった。




さぁー!GWももう終わりだよー!

ゾンビシティ

社会に放り出されて3週間も経つと
色々と自分の中のものが腐っていく
感覚を感じるようになる。
それは、他の方も例外ではなく
近頃は皆、めんどくせぇー、つらい、やめたい
しか喋らない歩く屍と化している。

そんな屍たちと、朝、ゾンビのようにあーあー
駅まで歩いていくと、既に電車には
たくさんの屍がところ狭しと詰まり
あーあー言っている。

初めの頃こそ、その腐臭に物怖じしたが、
近頃は何の感情もなく乗り込み
あーあー言いながら揺られる。
あーあー言ってるとドアが開き、
これまた大量の屍たちがあーあー言いながら
乗り込もうとしてくる。


いや、絶対乗れねーって!!


とか思ってても、何だかんだ入る。
もみくちゃにされながら、皆
目をつぶっていたり、つり革を眺めて
微動だにしなかったり、
右に流されたら右から押し返し
左ならばまた左から押し返され
あーあー言いながら駅まで運ばれ、
改札口へと降りていく。


駅のマクドナルドでは
ゾンビたちがコーヒーを買うために並んでいる。

店員の方は明らかに日本人ではないけど
「お客様」という発音だけはすごい綺麗。
のに、「コーヒー」は「コーフィー」つってる。
気になっても、特にどうでもいいことなので
ホットコーフィーを買って
しばらくあーあー言ってると8時になり、
座っていた屍たちが次々と席を立っていく。

席を立つと、瞬間
彼らは屍からビジネスマンへと変貌する。

もちろん、帰りには再び屍の姿で合間見え、
あーあー言いながら電車に揺られ
あーあー言いながらスーパーで買い物をし、
あーあー言いながら帰って行くのだけど、

朝、ゾンビたちがスイッチを入れる瞬間。
そのまま、背筋を伸ばし、急ぎ足で
オフィス街へと颯爽と歩いていく屍たちを
見ると、私は今日も頑張ろうと思えるのだ。

新社会人より

世のサラリーマンは何故移動中に
イヤホンをつけていないのだろう。
音楽でも聴きながら優雅に行けばいいのに。

そんな私のアホな疑問は、
初日、東京の満員電車にて
OLの鞄にイヤホンをかっさらわれる形で
答えが出た。ついでに、満員電車で
ウルフルズを流してはいけないことも知った。

さながら、子供のおもちゃ入れのように
ぎゅうぎゅうに押し込まれた人たちの中では
朝、携帯をいじることさえままならない。

そのまま、東京駅まで配送された私は
会社へ向かう道すがらのコンビニで
コーヒーと新聞を買う。
買ったらいそいそと路地に入り、
買ったばかりのコーヒーを飲む。

「社章がついてることを意識するように」


この一言のせいで、コンビニの前でコーヒーを
飲むことすら憚られる。

目の前にある隅田川にめがけて
社章をぶん投げたい衝動に駆られながら
私はコーヒーを飲み干す。

会社につくと、大抵すでに
「おはようございます!!」という怒号に近い
挨拶をしている同期がいるので後に続くと、
七三が「よしよし」という表情で見てくるので
とりあえず無視する。

あとは、七三の「意識、意識」ラップを
聴いてから会社のことについて学ぶ。
真面目なのか、怒られるからか、
皆の姿勢は常に真っ直ぐに保たれている。
そんな光景を見ながら、
(オフィスは勤務時間中ずっとこの姿勢なのか・・)
と少し想像して、シュールだなと思う。

そんなことをしてるうちに、
終業時間を迎え、またしても扉の前で
「お疲れ様です!!お先に失礼します!!」
と何故か1人ずつ言いながら帰る。
被せるとかない。
ないから、「お疲れ様です」を言うための
列が出来てたりする。
七三がニヤニヤしてるので、敢えて
目をそらして、部屋という空間に向け挨拶をする。

行きしなよりも混んでいる電車で
再び埼玉へと送り返された後、
弁当を買って部屋で缶ビールと共に流し込む。

最後に今日の日誌を書けば
私の1日は終了する。





あーーーー、楽しくなーーーい!!!



もうね、本当これしか感想がない。
とりあえず、全国の反抗期の子供たちは
速やかにお父さんを見習うべき。

県民、府民、都民。

東京にだけは!東京にだけは!
って思ってたらまさかの研修の場所が東京でして、
それをようやく受け入れて、
県民、府民、都民であと道民あったら
コンプリートじゃん。なんつってたら
研修中の寮の場所がまさかの埼玉。県民かぶり。

東京に行きたかったってわけじゃ断じてないけど、
この肩透かし感。
東京駅からの道のりですっかり無くなりました。

もうさー、何でも多すぎ。
ビルも人も駅のホームも多すぎ。
多ければいいって思ってない?
路線図とか、ちょっとした迷路より複雑。
丸とか平気であっけど、
どこにも行けてないからねー。

方や、埼玉。
ちょうどいい。人もあんまりいない。
薬局とかもすげーある。無印とかも徒歩で行ける。
なんていい子なんだお前は。

そんなわけで、この土日は
埼玉にある寮で暮らしてたんですけど
なんつーかな、この寮がねー、
最低限のものはありますから。って資料に書いて
あったんですけど、ほんと予想以上の最低限で
僕の荷物も予想以上に最低限で
東京に出るだーつって来たら
テレビもねぇ、ラジオもねぇ、机もねぇ
埼玉の寮に住むことになりまして
必要なもんねーのに無駄にマッサージ器だけ
あるんですけど、無駄に肩こりだけは
解消されてくんですけど。



つってもね、東京まで一時間だから。
せっかくの休日は東京観光としゃれこむか!



って言ってたっけ?言ってた気がするんだけど、
いや、タイミングっつーか、なんつーか、
部屋ほとんど出てないっつーか・・・
唯一無二のトイレットペーパーが入った
トランクが全然届かないってのもあったんですけど
ずっとどうぶつの森をやってました。


もうねー、マンション内の
エンカウント率がすげーんですよ。
トイレットペーパー買いに行こーって思って
ちょっと外出たら同期、道歩いたら同期。
いや、寮だから当然なんだけど。
持ち前の人見知りさとかも垣間見えちゃって
部屋がある7階から、エントランスまで同期との
ボンバーマンをたしなんだよね。

したら、昼とかマンションのエントランスに
すげー会社の人いんの。無駄に3人くらいいんの。
まー、普通に通り抜ければいいんだけど
さっき入居する時に一回通ったせいで
挨拶すべきかせざるべきかみたいな
持ち前の無駄な遠慮を発揮しちゃって

なんかお腹も痛いから帰ろーつって
部屋戻ってトイレ開けてあー!ですよ。
新生活、初日で粗相とか本当しゃれなんない。
お部屋のチェックシートにうんことか書けない。


友達
「東京で寂しくて泣くなよー?(笑)」



ごめん、泣きそう。

どうぶつと交遊広げてる場合じゃなかった。
トイレットペーパーくらい
普通に買いに行けばよかった。


ピンポーン


「ごめーん、トイレットペーパー貸して、、」



「う、うん。ええよ。あげるわ。」




東京、皆が夢を掴みに上京してくる街で
私は社会人として何を掴めるだろう。
とりあえず、最初に掴みとったのは
トイレットペーパーでした。


明日から社会人!!






大袈裟に書きましたが、
私が東京にいるのはたったの1ヶ月です。

トキメキをとりもどせ

You は Shock!!

ごめん、なんか舐めてたわ。
少女マンガとかさー、すっげー展開早いじゃん。
好きだつって、チューして、気づいたら
チュンチュンみたいな感じじゃん。
付き合っちゃえば、後は自動運転だと思ってた。
ジャクソン5みたくABC♪って
進めるもんだと思ってた。

1週間でXまでいったとか、
1ヶ月くらいでCくらいじゃね?とか
色々聞いてたんですけど

えっとね、3ヶ月経つけど未だにA。ってか
未だに手ー繋ぐくらいなんですけど。
段々トキメキ感とかもなくなってきた。
痛恨の手フレ。
大丈夫なんですか?これ。
手以外、実体か分かんないんですけど。
手以外3D映像なんじゃね?って
思ってきたんですけど。大丈夫ですか?これ。


最近、VRってすごいじゃないですか。
見ました?VR彼女。
全方位見れるなんてもう古い、次は感覚だつって
手の感覚だって再現出来んですよ。したらもう
あれ?これ僕の彼女と同じじゃね?
僕が付き合ってんのVR彼女じゃね?つって
世にも奇妙な物語にありそうじゃない?つって
しかも、VR彼女の方は最近
なんかABC♪から先も歌えるようになったらしくて

技術が世界を先導する!キリッ つって。

ちょっと待ってー。
ここに技術に先導された子がいるからー。
ちゃっかりVRに先越されちゃってるからー。



ってなことを思いながら、
こないだ電車を待ってたんですけど、
電車を待ってるときに、
後ろに並んでた女の子二人組の
彼氏の話が、結構壁に耳ありとかいう
レベルじゃなくって。

諜報員でもこんな聞けることねーぜっつーくらい
赤裸々な話がバンバン私の小耳に
入ってきまして、小耳に挟むっつーか
小耳が挟まれてる状態で。

そんなわけで、ガールズトーク
with Bとして参加したんですけど、したら、もう


「彼氏とディズニー行ったんだけどー!」

「いいなぁー!私も行きたいのー!」


的な、どう考えても幸せな話だったんで
幸せになれよ!BIGになるぜ!つって
イヤホンを取り出してたら

「私さー、ベロチュー嫌いなんだよねー」

「えー?何でー??」



え?何で??
え、待って待って待って、
ごめん、ちょっと途中聞いてなかったんだけど
さっきまであなたたち夢の国について
話してたよね?それがいつの間にグータンヌーボ

あとなんか、気のせいかな
親に言えない単語が聞こえたんですけど。
お天道様の下歩けない単語がさらっと
聞こえたんですけど、それ大丈夫?
ここでしちゃっていいお話?
気をつけてー、with Bが紛れてるからー!
with Bが聞き耳立ててっからーって
思ったんですけど、いやほら、勉強だからねと
思って、そこは思わず聞いたよね。


「でもさー、そういうのってするタイミング
難しくなーい?」


「あぁー、確かに。まぁでも雰囲気だよねー」


「確かにー」



そこ大事なとこ!!!!
そこが一番聞きたい!!!

っつーかね、何ですか、その、舌?
を入れるとか入れないとか、
いや、耳にしたことはあるけど、
ちょっとしたおとぎ話っつーか、
LaLaLANDみたいなもんだと思ってた。
急に歌い出すとか、
ミュージカルの世界だけだよーつってた。

なんかあれだね。
知らない間に皆大人の階段上ってたんだね。
一段目に21年かかった僕の目には後ろの
女の子なんてほとんど壇蜜ですよ。
鼻たれイカロスがせっせと蝋で
翼作ってるのに、上では蝋でパーリナイですよ。
蝋の使い方が全然ちげー。
やっぱね、赤の他人じゃだめだ。
こういうのは、友達に限る。


「あのさー、変なこと聞くけど
チューってどのタイミングでやんの?」


友達A
「そういう雰囲気なるで」


友達B
「まぁ、そういう雰囲気なったときかな」



あー、なんかパソコン関係のヘルプとか。
こんな感じだわー。プロバイダプロバイダつって。
とりあえずプロバイダが肝だからつって。
だーかーらー!
その雰囲気がわかんないんだって!!


したら、なんかええ感じの場所で、
ええ感じの間で、
ええ感じに見つめ合えばいける。
とりあえず、見つめ合うのが肝だからみたいな。

おっけーおっけー。
とりあえずさ、ええ感じの場所ってのは
夜景とかでいいんだよね。月9とかそんな感じだし
で、間・・・・・は、一旦置いとこう。
あとは、見つめ・・・
見つめるね、うん、見つめる、、
ハードルたけぇー。

いや、でも見ないとね、分かんないから。
とりあえず、鏡見とこう。
って鏡で自分と目を合わせてたら
あれ?つって、あれ?顔の真ん中のこれ
結構邪魔じゃない?
って自分のダイソンの存在に気づいちゃって
慌てて教科書(月9)ですよ。

したらもう、キムタクの顔が
がっつり斜めってるわけ。
相手の顔もがっつり斜めってるわけ。
理科の授業で光の反射とかやったとき
確かこんなんだった。
本当、見つめ合ってからの
入射角、反射角がすごい。

「こりゃあ、プロの仕事だねぇー」

私の中のデカ的なおっさんが言った。

「これは無理だぁー・・・」

夜景を前に、私も頭の中で言った。



「綺麗やねー」



「そうですねぇー」


・・・・・・


じーー



「・・・ふふっ、あははははははは!!!」


「ちょっと待って!笑いすぎだから」


「だって、、あはははは!」


本当もう、自分の顔どうした?ってくらい
ここ一番で笑われすぎて
イカロスは今日も恋人の階段の
一段目で翼を作ってます。
仮に飛べたとしても、
溶けてしまうに違いないのだけれど。

徒然すぎて草

つれづれなるままに、日くらしスマホにむかひて、
心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく
書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

いでや、実家に住んでいては、
炊事、洗濯と、願わざること多かめれ。
母親の御指示は日増しにげに多く、怒られる様、
いとめんどくさし。
かといへ、特にやることもなし、
仕方なく家政婦をすれば、
いつのまにやら3月になりぬること、
いとなげかし。




えー、いつのまにやら、50人もの人が
読者になってくださっていたので
非常にありがたいです。

読んでくださっている方、近頃
いかがお過ごしでしょうか。

私の方は、こんなもんを考えるくらい暇です。