読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタクロースと私

「えー?何??
お前まだサンタとか信じてんのー??」


「あんなもんいないに決まってんじゃん」


「わ、分かってるって!言ってみただけ!」


あれから何年経っただろう。
クリスマスプレゼントを貰える歳も過ぎて
サンタクロースがプレゼントをくれているわけ
じゃないことも分かる歳になったけど、
未だ私はサンタがいないという
確証を持っていない。


サンタとは、白髪に白い髭を蓄え
赤と白の衣装に身を包み、クリスマスの日に
トナカイの引くソリに乗って
子供たちにプレゼントを配るおっさんである。


毎年クリスマスになると
ツリーの飾りつけをしてケーキ食べて、
欲しいものを書いた手紙を玄関に置いて寝る。
朝起きたらツリーの側に
プレゼントが置いてあるってのが
うちのクリスマスだった。


子供の頃は、
「わーい!サンタさんからのプレゼントだー!」
つって意気揚々とプレゼントを開け、
1日中貰ったおもちゃで遊んでいた私も
小学生になり、学年を重ねていくうちに
だんだんとサンタクロースなるおっさんに
疑いを感じるようになっていた。


始まりは、サンタの絵本を読んだ時に
ふと思ったことだった。


(うちに煙突なんてないけど・・・・)


そう、サンタは絵本では
煙突から家に入り、子供の枕元に
プレゼントを置いていく。
それなのに、うちに、というか日本の民家に
煙突なんてほとんどないじゃないか。


・・・玄関でいいのか。


この問題はすぐに解決した。

ところが、疑問がもう1つ。
サンタはどうやって私の欲しいものを
把握しているのか。。。
サンタが私の欲しいものを把握するには
私が玄関に置いた手紙を見る必要がある。
手紙を置くのはせいぜいイブの2、3日前だ。


おかん
「ちゃんとサンタさんに言ってあるからええねん」


そうして、私の第一次サンタ疑惑は
終わった。


特に何の疑問も持たずにクリスマスを
迎えていたある年、教室で
サンタの話題になった時にあるクラスメイト
によって衝撃的な見解が出された。


クラスメイト
「あんなもん、親に決まってるやん」


サンタクロース親説である。
こうして私の第二次サンタ疑惑が始まった。


イブの夜にはないプレゼントが
朝になれば現れるなら、
サンタはイブの夜から次の日の朝にかけて
家に来てプレゼントを置いていることになる。


ならば、、、


作戦① 「徹夜」
起きていれば現場を抑えられる。という
シンプルなものだったが、失敗。
気付いたら布団の上で朝を迎えていた。


作戦② 「ヤクルト」
当時、私には来客にヤクルトを手渡すという
訳の分からないマイブームがあった。
玄関に置いた手紙の上にヤクルトを置いてみた。

翌朝、空になったヤクルトと
手紙の端にThank Youと書かれていたのを
見たときに、純真な私は
本当にサンタが飲んでくれたと思った。

ヤクルトの蓋には小さな穴が空いていた。


今になって思うと、完全におかんが
ヤクルトを飲み干してThank Youと書いてる
絵面しか思い浮かばないので腹が立つ。
よしんばサンタ本人でも、
蓋を全部取ってから飲めよ・・穴空けるって・・。


作戦③ 「サイン」
サンタにサインをねだってみた。
この頃になると私も知恵がついてきて
サンタが日本語を扱うのはおかしいことくらいの
判別はできた。
サンタが親ならば、『サンタクロース』
かせいぜいアルファベットだろう。

翌朝、サインは小さなメッセージに添えて
綺麗な達筆の筆記体で書かれていた。


「これなんて書いてあんのー??」

おかん
「こんなん読まれへんよー」


作戦③の失敗によって
私は完全にサンタクロースを信じ、
サンタが親ということの確実な証拠を
得られないままに、サンタにプレゼントを
貰うことのできる歳を過ぎた。

後々になって、そういえば
おかんは英語が出来たので筆記体くらい
わけなく書くだろうことに気づき、
自分で書いたであろうサインに

「こんなん読まれへんよー」

つったおかんにまた腹が立った。


サンタはたまにおそらくわざと
プレゼントを間違えた。
手紙にプレステと聞いたら
訳の分からないスケボーのゲームが
届いたことも、ゲームがおもちゃになった
年もあった。そんな年は決まって

「サンタさんも重くて持って来れんかってんね」

とおかんは言ってのけた。



笑点を見ながら、ビールを飲むおとんと
腹筋ワンダーコアなる訳の分からないマシーンに
情熱を燃やしているおかんを見て、
こいつらに本当に子供の夢を守るとかいう
考えがあんのか?と疑問に思いながら、、


あれからもう10年近く、
私はもう22歳になろうとしているけど
イブが来る度に

「サンタってあんたらやろ??」

と聞く私に

「あんた何言うとん?」

と返す両親のおかげで
私はまだサンタクロースを
完全には否定できない。

君の名は 〈G級〉

彗星を見て同い年の女の子と
入れ替わるみたいな『君の名は』的な
イベントに鉢合わないと結婚できない気がします。


こないだね、学祭があったんですよ。
で、サークルでたこ焼売ることになって
テントで黙々とたこ焼を生産してた時に後輩が

「隣のテントに元彼いてすごい嫌なんです~」

ってしきりに言ってて
それに周りの仲間たちがこぞって
分かるよーとかつらいねーとか
何で別れちゃったの?とか言って慰めてるのを
我関せずつって遠巻きに眺めてたのね

したら後輩の野郎が

「bukkieeさんはどう思います?」つって

その角度からっ!?
みたいな振り向き様のキラーパス
放ってきやがったんですけど


あのね、まず言わせて欲しい。
え、彼氏いたの・・・??
あたかも皆さんご承知の通りみたいな
テンションで聞いてきたけど・・
僕知らないんですけど・・・
え、で別れたの・・・・・??
何知らない間にアバンチュールしちゃってんの?
何で皆知ってんの?

もうなんかこの時点で完全に
健気な後輩の相談に答えられそうにも
なかったんですけど、それ以上に
元彼氏が隣のテントにいるって状況が
理解できなくて
あ!元彼女に置き換えれば!つっても
そんなもんいないので理解できなくて、、、

自慢じゃないけど
通知簿の国語は常に4。
汚染された川に住む婆さんと猫、
小説の中で小説を書き出すスピンスピン。
訳の分からないセンター現国だって
常に筆者の気持ちを4択から汲み取ってきた。
でも、元彼氏が隣でミネストローネ作ってる時の
元彼女のたこ焼を焼く心境なんて考える機会すらなかった。

結果、

『気にしなければいいじゃん』

っていうコメントを公式に
発表させて貰ったわけなんですけど
あのー、周りの人たちの
感情移入っぷりが半端ないんですけど
元彼との気まずさについて
1年生ですら語り出してるんですけど・・・


もうさー!もうさー!世間一般で言う
恋愛経験値ってどこで積むの?って話なんですよ。
その「分かるー」ってどっから
ひねり出してんだって話なんです!
恋愛のバイブルたる少女マンガから
少年マンガの恋愛路線から
月9の胸キュンストーリーから
昼ドラのドロドロ不倫模様から
韓流ドラマの三角関係まで
ありとあらゆる参考文献において
恋模様が展開されちゃってるわけなんですけど
もうね、難易度甘過ぎ。

少女マンガは、ある日突然
王子様が湧いてでてくるし、
少年マンガのヒロインは
始めっから主人公好きだし、
幼い頃の約束ーと・か
なんだったら前世レベルで結ばれてたりするし、
どんだけ紆余曲折したって
最後は絶対に結ばれるわけですよ。

そんなもん読まなくたって
実体験としてあるじゃないですかーってのは
ある程度の基準を越えたモテる人たちなわけでね

もうね、それに比べてモテないってのは
ゲームで言うハードモードみたいなもんで
モテないやつが女の子狩るのがG級クエストなら
創作の恋愛主人公たちなんて下位クエスト。

G級装備つけて

「え?まだイャンクック倒せないのー??(笑)」

つってる気分。
リオレウス火力弱えーー(笑)
ランゴスタとか全然出てこねぇー!!
片や、モテない方は
剥ぎ取りさせてなるものか!っつーくらいの
ブルファンゴの量。
ボスに辿り着くまでのマップが
ウィザードリーみたくなっちゃってる。


そんな中で、奇跡的な立ち回りを演じ、
こないだ女の子と2人でジャズバーに行ってきました。


あのさ、よくドラマとかで
バーで女性を口説いてる場面とかあるじゃん。
「あるよ」つってマスターが
色々出してくんじゃん。あれ下位クエストだから。
あんなもんね、二十歳そこいらの学生が
成せる業じゃねーっつーの!

もう、入った瞬間から分かるアウェイ感。
なんだったらマスターすらいなかったから。

「適当に座って飲み物頼みなよ」

って言われてメニュー見てみたら
なんかもうメニュー数学の教科書みたくなってた。
○○○y とか ○○× 5y とか・・・
飲み物でyとか見たことあります??
こんなもん一次関数とか二次関数とかの
世界でしか見たことねーよみたいな。

月9のね、バーのシーンで
メニュー表とにらめっこして
「全然分からん」って呟いてる俳優
見たことあります?絶対口説けないですよ。
そんなやつ。
「全然分かんないね」つってる女優
見たことあります?妖艶な感じとか絶対
出ないですよそんなやつ。


とりあえず適当に頼んじゃえ!つって
なんとなく目に入ったのが

『テンガロンハット』


(・・・・飲み物かしら?
これ飲み物とかじゃなかったら
やっぱり帽子的なあれなのかしら?
大体テンガロンハットってなんだ?
なんか軽くフランベ出来るくらいの酒
だったらどうしようかしら?
っていうかテンガロンハットってなんだ?)


したらマスターが

「飲み方は・・・?」


(僕の辞書には、ショットとロックとソーダ割りしかない)

「ロ・・ロックで」


(なんかすげー不自然な間があったけど・・
これロックで大丈夫だよね?
コーヒー店で知らずにエスプレッソ頼んだら
おちょこくらいの量ですげー凝縮された
黒い液体を渡された時みたいな引っ掛け問題とかじゃないよね?
ってかテンガロンハットってなんだ?)

しばらくたら、ルパン三世
次元がバーで飲んでるようなグラスが来た。




結局彼女とは、バーを含めて
三軒の店をはしごしたものの、
その三軒共で『テンガロンハット』の話題で
盛り上がったので僕の恋愛経験値は
おそらく少しも上昇していない。


それでも、今度後輩が

『bukkieeさんはどう思います?』

って聞いた来たときにこれだけは言える。



『テンガロンハットは湿布の味だった。』

人はそれを大学と呼ぶ。

キリスト教について』みたいな
あからさまに1年生のために用意したよー!っつー
毒にも薬にもならないが単位にはなるという
摩訶不思議な講義において
『キリスト誕生について』というレポートで
マリア様の処女での懐妊について
単細胞生物の生態系などという
ふざけた参考図書を使い、
マリア様宇宙人説を展開する中
ふと気がつけば、11月ももう終わりに近づき、
社会人化という地獄の門をくぐるまでの執行猶予が
最早4ヶ月となってきている今日この頃。

私の花がちっとも咲かない棘だらけの
薔薇色のキャンパスライフに
かろうじて彩りを与えてきた色んな活動が
次々と終わりを迎えている。


ひとつ終わりを告げる度に

「もうすぐ社会人かー!大変やでー?(笑)」

「学生もあともう少しやなー!
覚悟しときやー?(笑)」

「社会人なったら嫌なことだらけよ」


などと地獄の使者たちが意気揚々と
耳元で語りかけてくるので
元から社会人になるのに希望もくそもない
私ですら最近は社会と聞くとバイオハザード的な
地獄絵図をイメージしてしまうようになったが、
それが地獄の使者のせいか、はたまた
友達と夜中ぶっ通しでやったバイオハザード
影響なのかは不明だ。

それにしても使者たちは
実に意気揚々と社会の黒さについて
語りかけてくる。地獄にいながらにして
地獄がいかに報われないか。
いかに阿保なやつがいるか。
なんかもうクッパ城の方が職場よりホワイトだとか
そうした事を使者たちは死んだ目で笑いながら語る


「人生の8割は辛さで出来るからな」

悪魔によれば、私がこれから100年かけて
天寿を全うしても今から残りの80年は
全て辛いことしか起きないらしい。





そんなことってあります?
っつかそんなことをこれから
社会人として頑張るぞー!ってな若者に
言うなっての。へこむっての。
したら、落ち込む私にもう諭すような
笑顔でね、一人の使者が言うわけですよ。



「社会人も楽しいことあるよ!」




「何ですか?」



「・・・・・・・・」



考えこむ時点でっ!!


「お仕事楽しいよ♪」つっても
説得力ねーっつーの!
しばらく空を見つめた後に
さっきまでの笑顔からかけ離れた顔で発せられた

「やっぱお金かなー」

って言葉を忘れませんよ僕は。
完全に暗黒面に堕ちた顔ですよあんなもん。
もうね、やりがいなんてよりも俄然円が
コールドゲームしちゃってるから
円のやつがピシャリと抑えちゃってるから。

「決め球はフォークボールですね。はっはっは」

なんつってヒーローインタビュー受けてる
あいつを僕は見逃しませんよ。



もうね、キャリアアップー!とか
自己の成長!とか本当ことあるごとに
出してきますけど
本物の営業力を身につけるセミナー!とか
働き方を考えるシンポジウムー!とか
もう廃棄寸前の鶏胸肉みたいもんが
最近大量に送り付けられるんですけど
興味ねーからーー!!!!



お金は生活に不自由しないくらいで
趣味に時間を使えてー、なんだったら
自分の好きな勉強とかも出来てー
たまーにイベント事とか参加したりしてー
週末は友達と遊んだり、デートしたり
そんな生活に憧れます。

とりあえず祈っとけ、祈っとけ

日本には八百万の神様がいるらしい。
八百万つったら手羽先食ってうみゃーうみゃー言ってる愛知県の人口より少し多いくらい。


どう思います?これ?
そんだけいたら一人くらい
願いを叶えにやって来てくれたって
いいじゃん!とか思うんですけど

だって八百万ですよ。
一人辺りの願いを叶うのに1日かかっても
日本の人口が1億2千万くらいだとして
13、4回で一週回っちゃうわけ。
たったの2週間で全国の人たちの
願いを叶えちゃうわけですよ。
日本全国ダーツの旅~!つって
第一叶え人発見!つって
遊びながらやったってたぶん
1ヶ月かかんない。

まー、そりゃあ八百万もいたら
相当みょうちくりんな神様なんかも
いると思うんですよ。
「あかん」「あかん」「あかんくない」みたいな、なんかもう神様でいるのとギリギリな感じのやつとか。ご利益ちっちぇーってな神様だって
いると思うんですけど、そこはもう
八百万総活躍社会ってことで
それぞれが出来ることやってこうぜ。
とりあえず防寒は大事。これだけは言っとく。


ちょっとさー、今年秋の野郎来ました?
あいつ1週間くらいしか来てなくない?
わずか1週間で紅葉から銀杏爆撃まで
余すところなく駆け抜けてった感じがしますけど
あのねー、こっちとらまだ気分は夏なんですよ。
気分どころか衣替えすらまだ済んでないから。
Tシャツがスタメン取ってるから僕は。
いつの間にやら世間はコートとかマフラーとか
ちらほら出てきてますけど、、
立冬とか言っちゃってますけど、、
もう今年が終わりとか信じないから!

なんつってこっちも意地になって
夏に片足突っ込んだ秋服を着てたんですけど
秋服ってかTシャツの上にパーカー
羽織っただけじゃねーかみたいな
ファッションよろしく寝間着の延長線上を。


したらもう、喉がね。
喉の方からちょっと白旗が上がりまして
あれ?俺風邪引いてね?参ったなぁー
風邪なんて何年ぶりだよーつって
薬箱あさったんですけど、
一人暮らしの薬箱なんてほとんど
役に立つもの入ってないですから。
期限切れのバファリン飲んで
明日になったら治りますようにーって寝て
朝起きたらバファリンが致命的に効果なくて
もう喉からのバッシングがすごい。
タワーとかすげー喉に囲まれてる。


ひょっとしてこれ、
インフルエンスな方入れちゃった?
インフルエンスされちゃった?


調べるのは簡単だ。
病院に行って鼻に綿棒突っ込めばいい。
鼻に綿棒かぁー、、きついなぁー、、
大体さー、遺伝子調べて将来発病するかもしれない
病気をリストアップできるこのご時世において
何故インフルエンザだけは鼻に綿棒っつー
アナログな方法なの?
何で頑なにそこ進化してねーの?



咳に苦しめられながら神様に祈る。
どうかどうかインフルではありませんように。
検査されないくらいの白でありますように。。。






診断結果は気管支系の風邪。
願いの通りインフルの検査されず!
神様ありがとう!



『2680円になりまーす』




・・・


・・・・


・・・・・





財布を開けると
七福神ども(御守り)が笑っている。
貴様ら一体そこで俺に何のご利益を
もたらしているんだ!




布団にくるまりながら
八百万の神に祈ってみる。





咳は未だに治まらない。

タンクトップと亀

最近、大学最後のクリスマスに一人なんて!!
みたいな焦りから今まで燻ってきた子が
次々に異性からアプローチされるっつー
事例がたくさん報告されてきてます。
報告されてきてますよっと。。。




すいませーん、店員さーん!
僕が注文したアプローチ来ないんですけどー!



もうさー、人がちょっと目を離した隙に
ちょこっとかまぼこ作ってる間に
あー、あの子かー。いい子なんだけどねー、、
誰かいい人いないかな、幸せになって欲しいなー
つって田舎のばあ様みたいな気持ちで
見守られてきたポジションのはずだった
THE蚊帳の外勢たちが
ここに来て次々にリア充への扉を
開け始めてんですけど、フランクフルトで
成長して帰って来たハイジを見るオンジみたいな
複雑な気持ちなんですけど


彼女たちが、男性からの突然のアプローチに
一喜一憂して、世の中はハロウィン一色で
これが終わったら今度はクリスマスで
野球じゃ日本ハムが優勝して
って中で本当微動だにしてなかった。

ほんとヨッシーアイランドとか
やってる場合じゃねーっつーの。
ノコノコ踏みつけてる場合じゃねーっつーの。
でもさ!でもさ!知ってる?あいつって甲羅の下
白のタンクトップなんだよ!
亀なのに白のタンクトップに半パンなんだよ!
武井壮みたいなコーディネートしてんだよ!


『へー、そうなん?
でさー!こないだその子と飲みにいってー』


『わー、いいじゃん!いいじゃん!
付き合っちゃいなよー!』



もうね、トレンドは亀の話より彼の話ですよ。
マリオワールドの亀の服装知るくらいなら、
現実世界の彼の服装を語る方が
よっぽどスターになれんじゃね?ってくらい
最近そこかしこにピンクのオーラが漂ってます。


本当さー、どうなってんだってくらいの
回りの人たちの色めき具合。
ファミコンやるくらいなら合コンやれば?
みてーな空気。
亀にタマゴぶつけてる暇あんなら思いぶつけろよ
みてーな空気。
そんな中でさえも幸せを掴めないクッパ軍勢。



『うちの学部だけで同い年が800人だよ!
半分にしたってさー400人じゃん!
その400人が全員カップリングしてるわけないじゃん!』



『僕らみたいに愚痴ってる女子がいても
おかしくなくない?』



『もう本当誰でもいい!!
私もう、門の前でさー、片っ端から
告白してこっかなー!
絶対何人かはいけると思うねんやんか!!』


クッパ軍勢、男女問わず思考回路同じ・・・・



って話をこないだ友達に延々と
話してたんですけど
したら、友達(彼女持ち)が
『もうあの子と付き合っちゃえば?』って
王将行けば?みたいな軽いノリで言ってきたので
そういや知り合いにジャズバーで
演奏するから来ない?って誘われたけど
一人で行くの怖いなって思ってたとこだったし
とりあえず誘ってみっかーつってLINE



『突然ですが、、ジャズバー行かない?』




『行ったことないし、行ってみたい』


敵にタマゴをぶつける時だって直球の僕ですから
バウンドさせるみたいなテクニックなんて
使えないアマチュアですから
我ながらほとんど怪文書みたいな
誘い方をしたわけなんですけど

言っとくけどねー、僕だってジャズバーなんて
生まれてこのかた行ったことことないんですよ。
な、なんかチャージ代?おひねり?
みたいなよく分かんない単語を聞いたんですけど
大丈夫これ?不安になってきた。
ワンドリンク制とか言ってたけど
マイナーなカラオケ屋でしか聞いたことないし、
カツあげとかされないよね?
入店拒否とかされないよね?




・・・・・・・・た、タンクトップならいけるか?




赤ちゃんマリオを乗せたヨッシー
ノコノコを踏む度に、おもむろに
タンクトップになる奴の動きがいちいち
かっこいいのでふとそんなことを思う
午前0時でした。

第1章 : 馴れ初めはコンビニでした。

バイトロード

入学式で初めて着たスーツにドキドキしていた
大学生になりたての頃。
夢のようなキャンパスライフを思い描いて
とにかくやってみたい事がたくさんあった自分が
とりわけ興味があったのがアルバイトでした。

高校はアルバイト禁止、
自分のお金はお年玉とおこづかい。


『お母さん!お年玉もらったー!」つっても


『貸しなさい。預かっといてあげる。』



あげるって・・・・。


どっかのタイミングで
『お母さん、あのお金はどこにあるの?』
って聞いたこともあるけど
ちゃんとしてっからーつってごまかされ続け、
税関(おかん)を通さないと
うまい棒1本すら買えない状況で
自分で稼いだお金を好きに使えるって
なんか大人じゃん!みたいな
よく分からない憧れを持ってました。


後輩なんかと世代格差なんてものを
感じながらね話してたって、
いくら興味のないももクロの話をされたって
黒柳徹子並みに聞く姿勢はばっちりなんですけども
やっぱ、話題が尽きるってことはあるんですよ。
もしくは、取っ掛かりが分かんないみたいな、、

でね、そうした時に使える魔法の呪文が

バイト何やってるの??』

リピートアフタミー

バイト何やってるの??』


これ。これ鉄板だから。
もーね、これを使うことによって、
さっきまで、あれお通夜?みたいな空気が
あれただの屍じゃね?って思ったあの子が
あれよあれよでルーララ♪ルルル♪ルーララ♪


・・・ってまではないんですけど、
この呪文は本当に使い勝手がよくってね
使いすぎてたまに「前も言いましたけど」
みたいな冷ややかな目線を食らったって
「いや、最近バイトで何やってんの?」(応用)
つって何度沈黙という恐怖から救われたことか・・



『やってる』 、『やってた』、『やってない』
どの返答が来たところで確実に返せるわけです。
お互いやってなくったって
「どんなのやりたいのー??」つって
盛り上がることだって出来るわけです。


で、まー色んなバイト体験談っつか
もう愚痴を聞きながらね、思ったんですけど
みんな仕事出来るなーって。
嫌な客とか、先輩の話とか、シフトの話とかは
あるのに失敗談とか全然ねーの。
怒られてみたいな話とか全然ない。
んで、大抵1つのバイト先でずっとやってる。



方や私は失敗談だらけ。
バイトの話イコール怒られた話。

昔先輩が、「それは皆通る道だよ」つってたけど
えっと、これ道合ってる??
四年間怒られ続けてるんですけど
怒られるうちが花ったってもうね花咲きっぱなし。


誰でもやるようなミスから
怒る側も呆れて笑っちゃうようなミスまで
私の話の引き出しは
怒られた話というスペースだけ
ぎっちぎちに詰まっている。

もうね、21歳ともなってくると
ビジュアルがきつい。
そろそろ怒る側に回ってみたい。


そんな事を思いながら
現在単発を除いて6つ目のバイト先で
怒られてます。


そんな私の初めてのアルバイトの話。




初めてのアルバイトを探すっつても
既にスマホも普及していたゆとり世代
バイトる、an・an、マイナビ、フロム・エー
古今東西あらゆる求人を
自宅にいながらにして
ワンタッチで見ることが出来たけど、
何といってもその量・・・

求人ってこんなあんの?
世の中どんだけ人足りてないの・・・
つって思ったことを覚えてます。
そんな数百件ある求人から選んだのは『コンビニ』


やっぱ、バイトつったらコンビニっしょ的な
意味分かんねー玄人感を出しながら
『オープニングスタッフがおすすめ』
みたいな謎のアドバイスで
近くのファミリーマートに応募。



『応募理由は?』



『子供の頃からずっとお世話になってたので
働くならここがいいなって思ってました!』(嘘)



うちの近所にあったのはセブンイレブン
立ち読みはおろか店の前での飲食すら
禁止していた店長が大嫌いだった。


でも、バイトの面接って
こんなこと言ってりゃいいんでしょ?みたいな
・・・・あれ?就活でも同じことしてね?
まぁ、いいやそれは


『シフト次第だけど、結構日曜とかも
来てもらうことになるかもしれないけど大丈夫?』


『はい!もちろんです!!』(適当)



そんなこんなで人生初のバイト初日の
シフトはゆっくり13時から。
だったけど、確か12時くらいに行った。
もう遅刻が怖すぎて、早い分には怒られないかな
つって行ったら早すぎてオーナーに怒られた。


『給料出ないからね(笑)』


『すいません💦💦』

って笑いながら、

『何したらいいですか?』つったら



『挨拶の練習』


(あ、挨拶の練習・・・・・)


したら、何かロッカールームに
姿鏡があるんですけど
その前に立たされて

『おはようございます!!!(^-^)』

鏡| (^-^)




(^-^)





(^-^;






笑顔がぎこちないみたいな
悪口を言われた後、
レジに立って「いらっしゃいませー!」
つったり「ファミチキ揚がりましたー!!」
つったりしながら袋詰めしてたんですけど、

そのね、レジの台の下には
色んな大きさのレジ袋があってね


『これ、左から順に小さい袋だから』


『この横のスイッチは何ですか?』


『それ押したら警察来るから絶対押しちゃダメ!』


(じゃあ、そんなとこに設置するなよ・・・)


みたいな罠をくぐり抜けながら
そんなこんなで5日目くらいに
ようやくレジ打ちやったんですけど
もうさー、こんなこと書いていいのかな
レジがね、ややこしいんですよ!

普通に売ってる商品は
バーコード読み取ってやるんですけど
新聞とかホットスナックとかは
何故かタッチパネル方式なんですね
で、もうそれが細かく分かれすぎてて
ファミチキ!って言われたってもう
そのファミチキにバーコードつけろ!っつーくらい
ポンポン押さなきゃファミチキに辿り着けなくて
宝箱を開けるための鍵がある部屋を
開けるための鍵をみたいな
マトリョーシカか!っつー機械操作の多さ

あと客層ボタンってのがあって
買ったお客さんの性別と年齢層みたいなのを
押さなきゃなんないんですけど
これがまたボタンの数が無駄に多くて
必死にレジ打ってるともう適当でいいや!つって
押しやすい所のボタンばっか打ってたら

僕のレジだけ60代の女性しか来てねーみたいな
ここ巣鴨だっけ?みたいなデータになったらしく
ちょっとしたお叱りを受けまして、


たぶん、同じ日かな?レジをやってたら
土木作業員みたいなおっさんが来て



「いつもの・・・」


(いや、知らねーよ・・・)


(商品持ってねーしタバコっぽいけど)


「あの、僕入ったばっかなんで、、」


「・・・ス、ライト」(小声)


(やべー・・・、何言ってっか全然聞き取れねー)


しばらくフリーズしてたら


メビウスのライトや」(半ギレ)


(怖えー・・・・。
いやでも、おっけー、おっけー、
とりあえず聞き取れた。
メビウスのライトね、メビウスメビウス、、)


(うわ、めっちゃ種類あんじゃん・・・)


「すいません、番号でお願いします」


「客の俺が分かるわけないやろ!」


(いや、分かるでしょー、
丸見えでしょー、そっちから
タバコの下に番号ふってあんじゃん
それ言ってくれたら解決すんだって)






確か、この日にやめた。
理由はタバコのおっさんのせいとかじゃなく


「シフトって変動ですよねー?」

って何気なく聞いたら


「ずっと固定だよ
GWも年末もそのつもりでね」


土曜固定シフト。。。。。。(めんどくせー)


面接時俺
『いつでも行けます!!』



シフトのことで嘘をつくのはやめよう。
初めてのバイトはそんな当たり前のことと
コンビニ店員さんには優しくしよう。
という謎の誓いを立てて終わった。



ちなみにバックレてないのに
お金を貰いそこねたので
事実上給料は休憩時間に貰った
廃棄のファミチキで支払われたことになる。

ロード第7章

バイトロード

楽しみにしていたブログたちが
近ごろ音沙汰がありません。お元気ですか?

分析だったり、文語だったり、
ですます調だったり、論文仕様だったり
色んな書き言葉がありますが
やっぱり感情の乗った文章は面白いなーと思う
今日この頃です。

この感情を乗せるというのが
難しいものでして、その時本気で思っていても
時間が経つとなんだか冷めたつまらない文に
なってしまって、あれ?あれ?なんて
思いながら、下書きに残していたりすることが
結構あったりします。

なんだったら、考えに考えた文章よりも
勢いで書いてった文章の方が
自分でいいなと思うことも結構あります。








あーーー!!!!バイトやめてぇーーー!!!







もう本当に!それしかない


現在大学生LIFE7個目のアルバイ
どのバイト先にも失敗談があって
僕がバイトの話をする度に


だったらやめろよー、
バイト運なくない?

と彼らは言う。


これまでのバイトについて
書いておこうと思って書いている下書きは
ロードのごとく長い。


そんなロードを振り返ると
色んな店長だったり、先輩だったりが登場する



『これ作ったから食べや!』

そういって渡された煮物を食べながら
悪いのはバイト先じゃない、私だ。と
7回目の反省をする。


今日、自分が片付け忘れた道具の上に
山本五十六の名言を書いた板が置かれていた。



『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。』


板は元々あったものなので
敢えてその板を置いたのかたまたまなのか
真意は図りかねる。




やめます!やめます!やめます!
そう言おうと思いながら
研修期間が終わってしまった。


時給も安い、肉体労働、時間帯・・・


冷蔵庫にあるかまぼこを見ながら
何故かまぼこ屋で働こうと思ったのか
過去の自分に問いただしてみても仕方がない。




来週からもまたかまぼこ屋だ。




人生がロード出来るならば
一月前に戻りたい。


しかし、また新しいバイトを探しても結局
章節の最後は決まっているのだ。



バイトやめてぇ』