読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なしエッティ

最近本間に!
本間にあり得へんくらいに物が消える!
しかも結構大事なもんばっか…………

この狭い6畳の部屋に確実に
借り暮らされてる。
しかも結構町単位で借り暮らされてる。

それくらい頻繁に盗難にあう。
家にいながら気が抜けない。

それと同じかどうか
最近虫も結構いらっしゃる。


この1週間の家への来客は主に虫。


春にね、すげーでかい
あぶかなんかが
窓からこっち窺ってまして、

今思えば、虫の不動産だったのかな?
と思うくらい夏が来て大人気
契約がすげぇ

ちょっとしたリゾートみたいになってる。

しかも、結構パーティービートル
が集まってて、

虫でもこう

「やばい見つかった!逃げろー!」とか

(見つからりませんように……)とか


こそこそ部屋の隅で借り暮らしてくれれば
全然家賃もとらないし、
何だったら晩酌もする。…………虫やけど。

なのにあの子ら、目の前でね
「捕まえれるもんなら捕まえてみーww!」
ってブンブン飛ぶんですよね。

虫界でもパーティー野郎は
仲良くなれねぇなと思いました。

……えー、本題です。

サークルのね、すげー大事な
証明証を無くしまして、、無くしまして?
ってか無くなりまして

これがないと君らに
練習場所貸せねーよみたいなカードなわけで、
再発行不可っていう品物。

是非とも大学側は
僕ら紛失民族にご理解を……
というか歩みよりを……

とか思いながら
半泣きで事務員さんに相談してみたんですが

事務員いわく、「できません。」
事務いわく、 「規則ですので。」
役所バカいわく、「決まりなので。」

まぁ、無くした方が悪いんですけど
「できません。」(どや)に
心に黒いものが生まれました。

じゃあ、いつまでならあったんだろう?
って考えてみました。

…………えーと

昨日のご利用ありがとうございました。
から記憶が全然ないんですが、、
ってか財布に入れたはずなんですが、、
どう考えても絶対落としてないんですが、、、

でも財布はある。証明証はない……


そんなわけで、後輩に
泣く泣く謝罪。


軽い始末書レベルの敬語と反省でもって
謝ろうと思ったら、
いつの間にか財布ごと無くしたことにしてました。
(少しでも罪を軽くしたくて……)

なしかと言われれば、アリだと思います。