読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓

だんだん涼しくなってきまして、
布団なんかいらねーよ
とか思っていたのが

朝起きたら
布団を抱き枕かのように
抱き締めてるっつー

まぁ、赤面もののイベントに
立ち会うようになりました。

夏休みって言っても
特にやることのない僕は

昼に起床し、
サックスを吹き、
家に帰ってオカリナを吹き、
ジャンベを叩き、
英語の勉強を少しやる

といった
あなたどこの国出身??
みたいな生活を送っています。

現代のネット時代とは
本当に寂しいもので

隣人と会っても挨拶すらせず、
近所のスーパーのおばちゃんに言った
「ポイントカードとかあるんですね」
が今日の最終の言葉となっております。

なんですかね
こうも人に触れずに過ごすことが
できたのかみたいな
生活が最早当たり前というか……



一人暮らしってさー!
一人暮らしってさー!

この「1人」っていうことを
これでもかって思い知らされる
時があるよね!

例えばね!
今まで遊んできた人達が
結婚して、子ども作ったとするでしょ?

そしたら
友達の中で僕の優先順位ってのは
たわしより下くらいになるんです

変わるんです!ヒエラルキーが!!!

「よー!明日仕事休みやろ?
飲みに行こうぜ!」


「ごめーん、明日子どもと野球やる約束してて」

…………言い換えてみると

うわ、お米もうない。すぐ買いにいかな!

から


そういえば、たわし汚れてきてるなぁ
まぁ、今度でええか

に格下げされるんです!

二軍落ちどころか
高校一年生に戻されるんですよ

野球部ですらないという
可能性も十二分にあるところまで
落ちるんです!


仕方ないよそれは
こちらは布団で我慢するよ
もー仕方がないそれは!

つってね
芋焼酎かっくらってんだけど
何故か心なしかしょっぱい

本当にこんなことブログに
書いて何になるのやら……

人間の人生ってのは
時計の針で例えられるらしい

今20歳ってことは
20分で
サスペンスドラマで言えば
事件が起こるところらへん

言わば、おいしいところなわけです。

きっと!

世の中が平等ならば!

というか、周りのみんなの不幸を
僕が吸いこんで、
幸せとして還元してるんじゃない?

人じゃなくて
そういうなんか天使的な
あれなんじゃね

そう自分に言い聞かせて
今日は眠ります。

布団にさえ
温もりがあるのだから。
布団でさえ
幸せになれるかもしれない。

それは自分の体温なわけで
自分の幸福かもしれませんが

とにかく、君が幸せなのは
回り回ってのことなんじゃない?

それはそうと吐きそうです。

敬具