読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君をのせて

すっかり秋

衣替えをめんどくさがって
未だに半袖を着ている僕に

「それ、寒くないの?」

なんて質問が来るほど世間では
衣替えなんて遥か昔のこと
だからといって

「じゃあ何でスカートはいてるの?」

なんて言うと、
花瓶をのけたら
花瓶の下からいっぱい虫が出てきた
みたいな目を向けられます。



わりと傷つきます。



それはそれとして!


また友人に彼女ができた

できてる

できちゃってた

いや、できてはねぇけど


こんなこと言うのも
何なんですけどもね
僕は友達が少ないんですよ!
数えても余裕で指足りるんですよ!
足の指いらないんですよ!

っていうか
友達できなくね??

人生にとってわりと基礎的な項目な
はずなのに何この難易度

オケラだってアメンボだって
みんなみんな友達とか言ってっけど
人間については一切触れず、
友達紹介するわ!オケラ
みたいなことできないでしょ


オケラ喋れねぇし!!


まぁ、僕に友達が少ないのは
この際どうでもいい
よくないけど、全然よくないけど
本題はその数少ない友達に
彼女ラッシュが
来てるってことです


んで、言いたいことは
また?ってことなんです

あれ?こないだも
別の友達に出来てたけど
同じ人??
彼女セールとかやってんの??


…………はぁー


こうやって1人1人
違う世界へ行ってしまうんですね


そいついわく、
彼女は売ってるんじゃなく
舞い降りてくるらしいです。
友達がいつのまにやら
パズーになってた
友達の彼女シータだった


パズーがシータを連れ込んで
竜の巣だ!!なんてイチャイチャしてる夜


家でラピュタ見ようとして
プロジェクター点けて
お湯沸かして、弁当温めたら
ブレーカー落ちて
目がぁ!目がぁー!ってなりました。

バルス