読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山根くん

ちびまる子ちゃんの山根君って知ってます?
胃腸が弱くていつもお腹を抑えてる
らっきょみたいな顔立ちの子なんだけど
なんかしらストレスを感じるとね
「うぅ、お腹が……」つってトイレ行くの
山根またお腹壊してるよみたいに言われてんの


山根。お前の気持ちすげー分かる
僕も胃腸の弱さじゃ世界ランク10位くらいに
入ると思う。
発表すれば、お腹を壊し、
飲み会前にはお腹を壊し、後にも壊し、
おめー仕事してる?ダム決壊してない?
ってくらい流れてくんのね。
美空ひばりもびっくりするくらいとめどないの

そんな胃腸弱者にとって
1日外出ってすごい冒険なんです。
インディー・ジョーンズ並みに
宝石(トイレ)を探してるんです。
家でしてこいよ。って思ったそこのあなた!
してんだよ!!万全の態勢で家出てんだよ!
なのに!それなのに!
「中にはまだうちの子がー!」なんつってね
泣きながらおばさんが消防士(腹)に訴えてんの!
燃え盛る炎の中にね、おめーよく気付かれなかったな。隠れてたんじゃね?みたいな子供が窓から泣いて助けを求めてるんです。


それが、よりにもよって電車の中とか
行列に並んでる最中とかに……


話変わるんですけど
今東京は築地に来てまして、
とってもおいしい行列のできるお寿司屋さん
Googleマップにすら行列と表示される程の
寿司大さんに来てるんです。

僕の東京観光はこの寿司大に来るためってくらい
楽しみにしてたんですけど、
前日にゼミの飲み会で遅くまで飲んでて、
本来築地って朝の4時とか5時とかに
来なきゃいけないんですけど、起きたら8時
泣く泣くホテルのバイキングで朝を食べて
もういないー??いない人手ーあげてー!
つってきちんと要救助者も助けて、
半ば諦めながら来てみたら
ギリギリ間に合って並ぶことを許されまして。

待ち時間四時間とか言われたんですけど
USJハリー・ポッターだって200分だし、
ハリー・ポッターなんてヴォルデモート
倒すのに軽く10年かけてるし
そもそも食えないと思ってたんで
「待ちます!」って「待たせてください」って
寒空の下、感動的に言ったんですけど

築地ってすごいよね!
ここは日本?みたいな
本当に色んな国の方々が来てまして
並んでても前はアジア後ろは南米
みたいな、太平洋の気持ちを感じながらね
待ってたんです。


あー、寒いなぁー……
四時間かぁー……食えるの2時だなー


子供の泣き声がうっすら聞こえてくる
(あれ?…………ちょっとお腹痛い?かもしれない
まー、ホテルでしてきたし大丈夫でしょ)


人混みを押し分け誰かがこちらに駆けてくる
(ちょっと待って?、結構痛い、かもしんない)


息を切らした女性が目の前に現れる
(あれ?やっぱ気のせいか。大丈夫だよね。)


女性が叫ぶ!
「中にまだうちの子がー!!」




(…………めっっっっちゃお腹痛い!!!!)


予想待ち時間4時間
経過時間1時間 ゴングが鳴りました。


(めっっっっちゃお腹痛い。何これ
ホテル出る前行ったじゃん。確認したやん。
とりあえずおさまれーおさまれー)

(…………おさまったぁ
あれ?全然痛くない。
びっくりさせんなよー!
奥さんあれタンスだよー!子供じゃねーよ(笑))


(あれ?また痛くなってない?
さっきよりきつくない?
あ、痛い痛い痛い!大分来てる!
コンサート会場みたいになってる!
神様ごめんなさい。神様ごめんなさい。神様……)


(お!治った!神様サンキュー!
やっぱ頼りになるねー!!!ー…………やばい、またきた)

ここら辺でようやく現実を理解しまして
(これはトイレに行かねば治らない。幸い、観光地だからトイレはある。しかし列からは離れられない。そうだ!荷物見ててもらおう!…………
前も後ろも日本語喋ってる人いねー!!!)

子供の頃から受けてきた英語教育には、
お腹が痛くてトイレに行くために列を離れるから荷物見といてみたいな英文はなかった。
あいつらはいつも楽しそうに観光していた。
トイレの場所聞くシーンすら見たことない。

人見知りも手伝って耐えるという
選択肢をとったんですが、
寄せては返すさざみのように
第二波、第三波とくる腹の痛みに
身をよじりながら耐えてる姿は
後ろの南米の方にはどう見えてたんだろう……
途中からあいつ歌い出したけど
踊ってるわけじゃねーから!察してくれ!
荷物を見ててくれ!助けてくれ!
ハンドクリーム塗ってないのに手ぬるぬるなんだ!


第六波の時点で
漏らすより、荷物をパクられる方がマシ
という非常に合理的な判断をしまして
財布片手に全力疾走でトイレに駆け込み
奇跡的に個室が空いてるのを見て
天は味方した!!と祈りを捧げて
扉をバンッっと開けた瞬間


和式かよぉぉぉーー!!!!!!!!!!!!!



思わず叫びました。




(ちなみに、無事子供は救助して、置き去りにしてきたカバンもきちんとありました。)