読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活 : 武士の1分

こいつまた就活ネタかよとか思わないでください
もうね、この時期の3回生?4回生前?
つったら語ることは就職活動しかないわけです。
何かにつけて就活絡ませるから本当
ここにオリーブオイルを。つって
もこみちみたいな気分で絡ませるから


んでね、同級生がスーツを着て
颯爽と歩いてたり、Twitterで説明会
みたいな単語が飛びかってるとか
僕がいかに全然できないとか働きたくないとか
散々言ってきまして
就活生は内村さんのCMのように
爽やかーなものじゃない!と
焼き肉で例えられて満足するような
ものじゃない!ということは
十分伝わってると思うわけ

そんな甘くねーよつって
口を酸っぱくして言ってきたから
先生もう教えることはありません。

各々就活生は頑張ろうぜー!!つって
皆できないから安心しろー!!つって
今日は面接の練習に行って来ました。

面接つったらあれ。
なんつーの、料理で言うさしすせそみたいな?
もこみちで言ったらオリーブオイル的な?
基本にして最強のあれ。




『1分間で自己アピールしてください』




できるか!!って話なんです
1分つったらあのウルトラマンだって
定時にならないんですよ?
キムタクだって武士の1分を
二時間近くにわたって伝えてきたんですよ?
この勿体無い精神の時代に1分なんて
本当、かめはめ波すら撃てないから
ゴムゴムの~つって終わるから
そんな限られた時間で
自分について伝えることなんて出来るわけ・・


それでは班の人でやってみましょう!どうぞ


私、田中(仮)と申します
私の強みは・・・・・
具体的なエピソードとして・・・・
こんな工夫して・・・
結果として・・・・・
仕事でも・・・・・・

以上です。ありがとうございました。

ピッ!1分でーす。


・・・・・出来ちゃってるーー!!!!


え?マジで??あなた学生???
嘘ついてない????経歴詐称してない?????
彼のスピーチを聞きながら僕は
たぶん鳩の豆鉄砲顔みたいな顔してたんですけど
いるよねー!こういう絶対敵わないって人。
まぁまぁ、あの人は特別だからさー
って思ってなんとか復活。
確実に一機減ったわ。

でも、周りの人もすごーい!
この後やるのやだぁー!とか言ってて
だよね?だよね?つって
心の友よー!つって
小学生から宇宙に興味持っちゃってるやつは
置いといて冒険に行こうぜ!つって
スネ夫とかしずかとかに
のび太は心の中でエールを送ったわけです



では、次の人!

「私こんなん本当苦手でー!
お手柔らかにお願いしまーす(笑)」

(いいぞー!頑張れー!しずかー!)





私、山田(仮)と申します

私の強みは・・・・・

スラスラスラ ・・・以下略。

以上です。ありがとうございました。

ピッ!1分でーす!



えー、この時の衝撃を
僕は忘れないと思います。



うそでしょ・・・
のび太急に目が曇ったから
あれー?視力急に落ちたなーメガネメガネ
えーと、苦手とか言ってなかったっけ?幻聴??
おっかしーな、急に全員坊っちゃん刈りに見える
何その短パン、何その白地に緑ラインのセーター
そんなんお前ら着てた??
ってかお前出来杉じゃね?
頭の中はもうゲームオーバー
順番飛ばしてくれねーかな・・
石ころ帽子とかで存在消したい・・


で、まぁ一応僕含め6人の
もう僕抜いて5人と言っても過言ではない
1分間の自己紹介が終わりまして、
フィードバックがあるわけですよ。自分への。
もう見たくないわけです。
のび太には絶対いいこと書いてないわけです。
でも見なくちゃ分からない。
ドラえもん!君がいなくても僕は大丈夫!!
安心して未来にお帰り!!つって
まぁ、見たよね


したら

何を伝えたいか分からない

強調する部分はどこ?

エピソード関係なくない?

まとまりがなかった。

伝えたいことをはっきりさせたら良いと思う



何を伝えたいか分からないで
ロイヤルストレートフラッシュ。
ぼっこぼこにやられました。
ドラえもーん(泣)つって
のび太はもう帰りたいわけです。

しかし、まだ前半戦が終わったところ
ハーフタイム挟んで後半には
人事という神成さんと10人の出来杉
戦わなければいけない
ひみつ道具とか全然ない。のび太丸腰


後半戦、
神成さん囲んで出来杉1号が
私の強みは・・・・・
つって演説してるのを聞きながら
勝てないなって思いました。
『私の強みは・・』トーク無理だなって
小堺さんいても無理だなって


半ばムンクの叫びのような表情(😱)に
なりながら、絶望しながら聞いてたんですけど
トークテーマ『私の強み』が三人目に
なった時にあれ?って思った
確かに皆それぞれやったことは違うけど
結構これ、構成同じじゃない?


パターン化されてる・・・・・


その瞬間にこれは誰かが
出来杉のために作ってくれた
設計図に沿って喋ってんだ!と
のび太出来杉用の設計図を
扱えるわけないじゃない!つって
閃いたわけです。

のび太にはあやとりと射撃がある!!


ってなわけで替え玉として
落語家みたいに話してみた。前座入れて


えー、本日は誠にありがとうございます。
私は、とても1分で自分を伝える術を
持たないのでございます。


・・・・・・以下略


さっきまで同じ班だった出来杉たちが
きょとんとしてた。急な落語家に。
んで、残りの出来杉も半笑いだった。
人事とか一瞬目見開いた。
あまかけるー!つって、言ってねーけど
本当は若干え?とか言ってたけど


『落語家のび太のデビュー戦』


「評価」
出来はともかくとして、
前座は個人的には好きだったよ
限られた時間であれをやるのは無意味だけど



1分。
普段気にもとめないその時間の価値を
思い出させてくれるのが
1分間の自己PRなのかもしれない。
(白々しいまとめ)



なんかもう、まとまりがつかないんですけど
ほんと何が言いたいかつったら


『お前出来杉じゃね?』