読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活 : 哲学者たち

vs 就活

GWが明けようと、就活の明け方は見えない。
次から次へと来るESの締切
書いても書いても終わらない文章たち
話しても話しても伝わらない言葉たち

そのうち、行きたいと思うから書く
というより、行くために書くようになって
志望動機を書くというより探すようになって
初めの頃に作った使い回しの内容が
ひどく機械的に思えるようになって・・・



『深淵をのぞくとき、
深淵もまたこちらを覗いているのだ。』

/ フリードリヒ・ニーチェ

僕は、哲学を学んだわけではないんですけど、

分かる。分かるよニーチェ
僕も、数多くの企業を受けながら
自分という深淵に向き合って
何枚もの志望動機を書いた。
あれらは、間違いなく自分で
生み出した言葉ではある。
でも、何故か自分じゃない
やったことは確かに自分のことだし、
志望動機だって自分で考えた
けど、紙面には別の自分がいる・・気がする

自分で生み出した言葉に
本当にそうか?って問われてる気がする

学生時代頑張ったことも
自己PRもあれだけ考えたはずなのに
もーね、他人の伝記を書き写してる気分
自分で考えたのに、他人事
へー。みたいな感じ。
嘘じゃないし、見栄だって張ってない
のに、何故か違う自分が生まれる

自己PRをしてくださいって言われて
私は~つって喋ってるけど
自分じゃない何かが喋ってる
シャーマンみたく憑依してる
きっと十字架とか向けられたら死んじゃう


自分の軸は何だろう

一体何がやりたいのか
もう一度考え直そうと思っても
自分で自分を分析する時でさえ
自分を分析している自分と
分析されている自分が誕生する

どこにいたって何を書いたって
自分を分析するときに別の自分が現れる。
ついには、独り言で喋れるようになった
俺は、ビリー・ミリガンなのか・・・・


『アホちゃう』
/ 母


いっそ、清々しいよね、うん。


確かに、僕だって将来自分の子供から
「僕はビリーミリガンなんだ」って言われても
たぶん『アホちゃう』って返すわ
でもさー、息子がね、本気で悩んでるところにさ
その対応はないんじゃない?
いいさ、いいさ、おかんにニーチェ先生への
理解を求めたことが失敗だった。


『アホちゃう』
/ 姉


(こいつもか・・・)


いや、お前は2年前じゃん!最近じゃん!
何で分かんねーの!?

いいさ、カピバラみてーな生活しかしてない
こいつに理解を求めた僕がバカだった。

ってな感じで自分が24人いたところで
やつらの『アホちゃう』の一言にすら
敵わないなってことは分かった

いいさ、どっかの金髪の錬金術師みたいに
「俺は、24人全員との対話を終えている」
つってやる。
ニーチェは俺が語り継ぐ。


帰り道、
JR大阪駅から阪急梅田駅に向かう途中
ふと上を見上げると
ビアガーデンの広告の垂れ幕がぶら下がってた


『あぁー、ビール飲みたい』
/ 阪急 ビアガーデン


ビール買った。


あぶねー、哲学とかしてる場合じゃなかった
ニーチェの言葉なんかより
よっぽど今の気持ちを表してたわ