読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活 : プロジェクト羊 ~ 挑戦者たち~

vs 就活

今日は説明会。

: 午前9時15分

9時半からだったので、誰もいないんじゃない?
みたいな疑惑を抱えながら案内されると
机の上に資料が4つ。

(はぁー、よかったぁ・・1人じゃない)



: 午前9時25分


人事
「おはようございます。
今日はよろしくお願いします。
人事部の○○です。」



「こちらこそお願いします。
~から参りました○○です。わっ・・、ゴホン」


人事
「・・・・・?」



(あ、あぶねー、全自動で自己PRが出てきた
自分気持ち悪っ)


人事
「一人だけですので始めましょっか!」




呪いの自己PR人形
(一人かよ!)


人事

ぺらっ


呪い(略)

(資料お前が使うのかよ!)



何故4セット伏せてたのか
最後まで全く分からなかったですが、
説明会自体は終始和やか~な空気。
製品サンプルを見せてもらいながら



『へぇー!すごいですねー!!』

人事
『はははは。だろう?』


『これ、こうしたらどうなるんですか?』

人事
『こうなるのさー!ははははは』

(注 : 当然多少脚色しております。
こんな人事いません。)


みたいな、何つーの?オランジーナのCM?
ちょうどあんな感じ。
久しぶりに説明会行ったけど、
近所のおっちゃんと話すような感覚だった。
面接なんて全てまやかしよ!っつーくらい
これが面接だったら通ってんじゃね?っつーくらい
仲良く?というか程よく?というか
にこやかに説明を聞いていた。

(あー、一人っていいなぁ
今日来なかった誰かさんありがとう!)





: 午前10時半

説明されきった。うん。
向こうもこちらサイドも
会社についての話題が尽きて
お互い分かりあえた!っつー感じで
段々と実家の話とか割りとフランクな話を
してたんですが、なんだろう、この楽しさ!
しばらく『今後のご活躍をお祈りしてます』
っつー精神攻撃しか聞いてなかったから?

『シボウドウキハ?』
『ソレデハジコショウカイヲ』
『ガクセイセイカツデガンバッタコトハ?』

みたいなさぁ、この人たちロボット?
なんつー疑いの面接ばっかやってた僕としては
もう久しぶりの心の風ですよ。
まぁ、向こうも向こうで
人事専用Twitterとかあったら

@jinzi

面接にファービー来たなう

つって呟いてそうですけど
なんかね、人事って人間なんだぁーみたいな。
↑これ一読しても意味わかんないでしょ?
完全に頭おかしいでしょ?
当たり前だろみたいな
それが荒んでくるとそう思えるんですよ

なんかもう、こっちとしては
たった一時間の説明会だったけどね、
この一対一をやり遂げた戦友??
来てくれて安心したよー
来るに決まってんじゃないっすかぁ
みたいな右京さんと甲斐くん的な
関係になったと思った。




右京さん
『就職活動どう?順調??』


甲斐くん
『うーん、苦労してますー』



『内定とか持ってるの?』


『まだ持ってないです・・』



・・・・・・。



人事


『ふむふむ、周りの人はどんな感じ?』


『へぇー、まぁ、私昨日も面接したけど
5人中4人は持ってたかなぁ
みんな第1志望じゃないから続けるんだって』



『ふむふむ・・。まぁ何とか夏までにはね
終わりたいなって感じですよね(笑)』




え?ちょっと待って、ちょっと待って。
なんか今すっごい心の距離とられた気が
したんですけど、なんかさらっと
ダメのレッテル貼られた気がしたんですけど
心なしかコメントもすっげぇ雑になってない?
相棒どうしたー?
エリカ様みたいになってっけど
我関せずっつーか、外野。完全に立ち見。
なんだったら球場に来てすらない感じ

野球?
あぁ、イチロー選手なら知ってるよ

全然興味ないじゃん!みたいな
何さらっと統計とか出してんの?
何さらっとこっちの心の声代弁してんの?


同情するなら内定をくれ!!!!



[回想]
: 某イベントにて

「内定1つでも持ってる人と
そうでない人では今後の就職活動で
差が出てきます!」




あれは顔つきとかの話だったけど
そりゃあ先入観とかもありますね
もう、こっちの就活度合いを聞く前と
聞いた後だと顔つきが違いますから
明らかに気つかってきますから
え?誰か死んだ?みたいな
深刻な顔の後の笑顔励ましですから
ルーティンですからそれはもう


: 某説明会会場

A
『私も最終で落とされてさー
もう何でなん!?みたいな
本間つらい(泣)全然決まらへん』

B
『なんかもう皆当たり前のように
内定持ってるけどさー
続けてる時点でおかしくない?ずるくない?
断ってから来いよみたいな。本間つらい』

C
『やりたいこととか本間見つからんし』



うぉぉぉー!!会いたかったよお前たち!!!
もうさ、こんなところに日本人!?
みたいな気持ち!!!
分かる分かる!そうだよねー!!つって
うんうん!もう下手な小説より泣けるわ!つって


そんなんでも、
終わった後はおつかれーつって
淡白に帰っていく。
帰りのエレベーターには
さっきまで同じ会場にいた人ばかりなのに
誰一人として話すことなく
無言で集団となって帰っていく。


・・・・・ポチポチ



(風の中のすばる 砂の中の銀河~ )




ついさっきまで
泣き言を言っていた人たちが
帰り際には、愚痴を言うこともなく
前だけを見て帰っていく。
この1人1人がそれぞれの戦いを
繰り広げていて、つらいと嘆いてても
帰り際にはそれを言わずに、前を見て
歩いている。


(つばめよ 高い空から 教えてよ 地上の星を~)

そんな人の流れを
地上の星を聴きながら眺めてると
なんかそれぞれがプロフェッショナル
って感じで、プロジェクトXって感じで、、、



今日の説明会の帰りに見た人たち!
お前らめっちゃかっこよかった!!!
未だに就活してなきゃ、この時期じゃなきゃ
分からない彼らのかっこよさがある。
今日地上の星を聴きながら見た
君たちの姿は紛れもなくプロジェクトXだった!


外に出て、君たちのかっこいい姿を見ると
また頑張ろうと思えるのです。





注 :
気まぐれに家でも「地上の星」を
聴きながら生活してみたら
トイレですら挑戦者たちの気分になれたので
単純にこの歌がすごいのかもしれません