読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロード第7章

バイトロード

楽しみにしていたブログたちが
近ごろ音沙汰がありません。お元気ですか?

分析だったり、文語だったり、
ですます調だったり、論文仕様だったり
色んな書き言葉がありますが
やっぱり感情の乗った文章は面白いなーと思う
今日この頃です。

この感情を乗せるというのが
難しいものでして、その時本気で思っていても
時間が経つとなんだか冷めたつまらない文に
なってしまって、あれ?あれ?なんて
思いながら、下書きに残していたりすることが
結構あったりします。

なんだったら、考えに考えた文章よりも
勢いで書いてった文章の方が
自分でいいなと思うことも結構あります。








あーーー!!!!バイトやめてぇーーー!!!







もう本当に!それしかない


現在大学生LIFE7個目のアルバイ
どのバイト先にも失敗談があって
僕がバイトの話をする度に


だったらやめろよー、
バイト運なくない?

と彼らは言う。


これまでのバイトについて
書いておこうと思って書いている下書きは
ロードのごとく長い。


そんなロードを振り返ると
色んな店長だったり、先輩だったりが登場する



『これ作ったから食べや!』

そういって渡された煮物を食べながら
悪いのはバイト先じゃない、私だ。と
7回目の反省をする。


今日、自分が片付け忘れた道具の上に
山本五十六の名言を書いた板が置かれていた。



『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。』


板は元々あったものなので
敢えてその板を置いたのかたまたまなのか
真意は図りかねる。




やめます!やめます!やめます!
そう言おうと思いながら
研修期間が終わってしまった。


時給も安い、肉体労働、時間帯・・・


冷蔵庫にあるかまぼこを見ながら
何故かまぼこ屋で働こうと思ったのか
過去の自分に問いただしてみても仕方がない。




来週からもまたかまぼこ屋だ。




人生がロード出来るならば
一月前に戻りたい。


しかし、また新しいバイトを探しても結局
章節の最後は決まっているのだ。



バイトやめてぇ』