読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンクトップと亀

最近、大学最後のクリスマスに一人なんて!!
みたいな焦りから今まで燻ってきた子が
次々に異性からアプローチされるっつー
事例がたくさん報告されてきてます。
報告されてきてますよっと。。。




すいませーん、店員さーん!
僕が注文したアプローチ来ないんですけどー!



もうさー、人がちょっと目を離した隙に
ちょこっとかまぼこ作ってる間に
あー、あの子かー。いい子なんだけどねー、、
誰かいい人いないかな、幸せになって欲しいなー
つって田舎のばあ様みたいな気持ちで
見守られてきたポジションのはずだった
THE蚊帳の外勢たちが
ここに来て次々にリア充への扉を
開け始めてんですけど、フランクフルトで
成長して帰って来たハイジを見るオンジみたいな
複雑な気持ちなんですけど


彼女たちが、男性からの突然のアプローチに
一喜一憂して、世の中はハロウィン一色で
これが終わったら今度はクリスマスで
野球じゃ日本ハムが優勝して
って中で本当微動だにしてなかった。

ほんとヨッシーアイランドとか
やってる場合じゃねーっつーの。
ノコノコ踏みつけてる場合じゃねーっつーの。
でもさ!でもさ!知ってる?あいつって甲羅の下
白のタンクトップなんだよ!
亀なのに白のタンクトップに半パンなんだよ!
武井壮みたいなコーディネートしてんだよ!


『へー、そうなん?
でさー!こないだその子と飲みにいってー』


『わー、いいじゃん!いいじゃん!
付き合っちゃいなよー!』



もうね、トレンドは亀の話より彼の話ですよ。
マリオワールドの亀の服装知るくらいなら、
現実世界の彼の服装を語る方が
よっぽどスターになれんじゃね?ってくらい
最近そこかしこにピンクのオーラが漂ってます。


本当さー、どうなってんだってくらいの
回りの人たちの色めき具合。
ファミコンやるくらいなら合コンやれば?
みてーな空気。
亀にタマゴぶつけてる暇あんなら思いぶつけろよ
みてーな空気。
そんな中でさえも幸せを掴めないクッパ軍勢。



『うちの学部だけで同い年が800人だよ!
半分にしたってさー400人じゃん!
その400人が全員カップリングしてるわけないじゃん!』



『僕らみたいに愚痴ってる女子がいても
おかしくなくない?』



『もう本当誰でもいい!!
私もう、門の前でさー、片っ端から
告白してこっかなー!
絶対何人かはいけると思うねんやんか!!』


クッパ軍勢、男女問わず思考回路同じ・・・・



って話をこないだ友達に延々と
話してたんですけど
したら、友達(彼女持ち)が
『もうあの子と付き合っちゃえば?』って
王将行けば?みたいな軽いノリで言ってきたので
そういや知り合いにジャズバーで
演奏するから来ない?って誘われたけど
一人で行くの怖いなって思ってたとこだったし
とりあえず誘ってみっかーつってLINE



『突然ですが、、ジャズバー行かない?』




『行ったことないし、行ってみたい』


敵にタマゴをぶつける時だって直球の僕ですから
バウンドさせるみたいなテクニックなんて
使えないアマチュアですから
我ながらほとんど怪文書みたいな
誘い方をしたわけなんですけど

言っとくけどねー、僕だってジャズバーなんて
生まれてこのかた行ったことことないんですよ。
な、なんかチャージ代?おひねり?
みたいなよく分かんない単語を聞いたんですけど
大丈夫これ?不安になってきた。
ワンドリンク制とか言ってたけど
マイナーなカラオケ屋でしか聞いたことないし、
カツあげとかされないよね?
入店拒否とかされないよね?




・・・・・・・・た、タンクトップならいけるか?




赤ちゃんマリオを乗せたヨッシー
ノコノコを踏む度に、おもむろに
タンクトップになる奴の動きがいちいち
かっこいいのでふとそんなことを思う
午前0時でした。