読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやかりたい

最近の趣味は映画を見ること
自分の中でアニメ映画がきてる
というか、何だったらアニメの世界に入りたい

こんなことを普段の生活で
発言しようものなら
確実にキモオタのレッテルを貼られる

ここで大事なのは
俺の言うアニメってあれだから
ディズニーとかあっちだから

この一言は大事
これだけで「きもーい!」が「わかるー!」
に変わっちゃう

自分は映画に影響されやすいと思う。
101匹ワンちゃんを見れば
犬が喋っていると考えたいし、

トイ・ストーリーを見れば
九州土産のくまモン人形だって
動いてるとか思いたい



思わへんけど。

大人やし。もう二十歳やし。

何にせよアニメーションの世界には
すごい夢が溢れてる。

ステッキ一振りで
カボチャが馬車になったり、

引き出しの中から青いあいつが出てきたり、

そうした世界にふれる度に
現実って夢がないなーとか思う。

もし今ピーターパンが来ても
子供たちは

「何してんの?コスプレ?」

「いや、ネバーランド? 行かへん行かへん」

「飛んでるし、写メっとこー」

俺がピーターパンなら二度と来ない。

フック船長とか出番ない。



…………夢がない!
あまりにも夢がない

昔から何故かぬいぐるみが好きだった
動物園ではオコジョのぬいぐるみを買ってもらい、

小学校低学年くらいまで
将来の夢がダチョウになることだった。

わりと本気だった。

こんな夢のある願いも
今や家族に笑い話にされる

やっぱりアニメーションの世界には
夢がある。