読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何度でも何度でも

ドリカムがキテる



いや、お前のマイブームとか知らねーよ
って感じだと思うんですけど、
自分の中のドリカムの扉を開いたっぽい
なんつーの後ろでポコポコ鳴ってる感じ?
半音が多いから?あの歌唱力?

大阪行く度に大阪lover聴いてる
最終に間に合ったよ0時ちょい前に
そっちに着くよー♪つって
最終じゃないのに最終電車の気分


待ってる人いねーのに
っていうか恋人いねーのに
そもそも女じゃねーのに
そんでもって大阪弁話せるのに
まだ遠いかー♪大阪ー♪つって
家から一時間半なのに


なんかドリカム聴いてると
テンションあがってきて
ほんと、自分の学生生活って、、、
もっと大学生みたいな
パーティーピーポーみたいな生活がしたい!


つって、こないだダーツに行ってきました。
ゼミの先生の誘いで
ただのダーツではなくダーツbar
しかも深夜コース



酒、ダーツ、夜ときたら
もう誰が何と言おうと大学生なわけ
これで、四年間の地味な生活を
おさらばしよー!つって、
吠えろ俺の右腕つって行ったんですけど


簡潔に言うと吠えなかったよね


台が悪いとか、矢が嫌だとか
本調子じゃなかったとか
数々の理由は挙げられるんですけど
一番の原因は
そもそもダーツやったことがない。


じゃー何で来たんだ
みたいな視線を浴びることは
なかったものの、数ゲームでリタイア
なんつーかな、、、意味がわからない

いや、ルールは分かるんですよ?
投げて的に当てる意味がわからなくて
ダブルとかトリプルとか言ってたけど
刺さるときは刺さるし
刺さらないときは刺さらないじゃん
つって下手くそは偶然のみでやってました。

シティーハンターみたいに
三本同じところに刺さって
皆が驚いたところにGetwildとか
流れたらいいのにー!!

格好だけでもとか思ったんですが、
パーカーにジーンズだったので、
完全にハントされる側。完全に悪役の手下


したら、先生が、

『お前らのためにナンパしてきてやるよー!』

つって、

野郎共も

『まじっすかー!!!』

つって、


(え・・・・まじで?いらないいらない)
って思ってる間に
気づいたらナンパした女の子2人
が混じってるわけ


さっきまで、まだ楽しんでたのに
もうね今はめっちゃ帰りたい。


何故わざわざナンパしたのかが
まず分からないし、
全然こんなサプライズいらないし


『あ、どーも(笑)よろしくねぇー』


全然よろしくない。


僕みたいに真っ当に生きてきた
人にはハードル高すぎますから本当
何そのノリの軽さ
何そのヒラヒラの服
何その香水
もう、この世から消え去りたいくらい
ナンパとか合コンとかの
テンションが分かんない


合流直後に流石に帰れなかったので、
席から離れて監督みたいに見てました。

したら、おやじ(先生)が来て


『おい、お前何やってんだよー、行けよほら』


『いや、本間にいいです。
僕が行ってもしゃーないです。』



『お前っ・・・ほんと、もったいない!
自信もてって!』


『いや、本当に嫌いなんです。こういうの』


『お前学生の内に無かったらないぞ!?
俺を見ろよ!俺はもう30過ぎたし、
これはこれで楽しんでるけど、
お前はまだ若いんだしさー』


『うっ・・・・・・』


『お前はもう少し世界を広げた方がいい
もったいないって!
社会出たらほんとにないぞ!』

『俺が合コンセッティングしてやるよ!
他のやつにも頼んどくから。
お前絶対行けよ!行かすからな!』


涙出そうになった。


先生ーそんなに私のことを・・・(うるうる)




・・・・


・・・・・・


・・・・・・・・


・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・(酒くせー)


(このおやじ酒くせー)


瞬間、僕の心のシャッターは閉められ、
教師愛を感じた言葉は
瞬く間にレーンを組み替えられ、
右耳と左耳を抜けるだけの音となった


今日、願いの叶う桜を見に行って
お賽銭を入れたら弾かれた

10001回目は、まだまだ遠い